一覧へ戻る

新築VS中古価格差MAP

業種
デベロッパー
課題
マーケティングに活用できるデータが欲しい
商品企画に活用できるデータが欲しい
戦略に活用できるデータが欲しい

特長

指定エリアでの新築価格、新築と中古物件の価格差をヒートマップとして⾒える化

効果

  • 特定のエリアや物件タイプの市場動向を把握することで物件の売却価格や購⼊価格をより現実的かつ競争⼒のあるものに設定することが可能に
  • 新築価格が上昇しているエリアでは、中古物件がより魅⼒的な選択肢となるなど、需要の⾼い物件タイプや価格帯を特定することが可能に

不動産データプラットフォームのサービス概要

エステートテクノロジーズでは、全国約5,000万件を対象に不動産に関するあらゆる公開データや公的データ、協力企業様からの提供データなどを複合的に解析した「不動産データプラットフォーム」を保有しています。

「不動産データプラットフォーム」を活用した、

  • データの整備、分析解析
  • 不動産データプラットフォームとデータ連携し業務の効率化
  • システム開発
  • OEMによる新規ビジネス
  • 共同開発 など

といった、様々な活用への転換、柔軟な対応力・開発力がエステートテクノロジーズの特長です。

詳しくは、下記から「不動産データプラットフォーム」ページをご覧ください。

https://www.estate-tech.co.jp/services/enterprise-services/real-estate-data-platform

エステートテクノロジーズは
日本有数のベンチャーキャピタルから出資を受けて運営されています

  • ITOCHU TECHNOLOGY VENTURES
  • global brain
  • みずほキャピタル