一覧へ戻る

不動産エリア相場の上昇・下落を可視化「不動産価格上下ヒートマップ」

業種
デベロッパー
課題
DXしたい
コンテンツを充実させたい
マーケティングに活用できるデータが欲しい
戦略に活用できるデータが欲しい
業務効率化したい

特長

エリア、平米数、築年数などで条件を設定し、一定期間における価格・賃料の「上昇・下落」を可視化

効果

  • エリアの価格変動の傾向を把握し、物件の仕入れ〜販売の戦略立案をサポート
  • 対象エリアでの価格・賃料の変化から物件に対する需要を把握し運用可能に
  • ミクロ/マクロでの不動産価格の動向を踏まえて地域開発計画やエリア投資戦略を検討可能に

不動産データプラットフォームのサービス概要

エステートテクノロジーズでは、全国約5,000万件を対象に不動産に関するあらゆる公開データや公的データ、協力企業様からの提供データなどを複合的に解析した「不動産データプラットフォーム」を保有しています。

「不動産データプラットフォーム」を活用した、

  • データの整備、分析解析
  • 不動産データプラットフォームとデータ連携し業務の効率化
  • システム開発
  • OEMによる新規ビジネス
  • 共同開発 など

といった、様々な活用への転換、柔軟な対応力・開発力がエステートテクノロジーズの特長です。

詳しくは、下記から「不動産データプラットフォーム」ページをご覧ください。

https://www.estate-tech.co.jp/services/enterprise-services/real-estate-data-platform

エステートテクノロジーズは
日本有数のベンチャーキャピタルから出資を受けて運営されています

  • ITOCHU TECHNOLOGY VENTURES
  • global brain
  • みずほキャピタル