一覧へ戻る
サービス
2023/09/05

ChatGPTを賃貸探しで利用することはできる?

「ChatGPTを賃貸探しで利用することはできる?」と感じている人もいるでしょう。

結論から言うと、標準のChatGPTには2021年9月までの情報しかないので、賃貸のお部屋探しに利用することができません。

しかし、エステートテクノロジーズの提供するAPIサービスを利用すれば、賃貸探しなどの不動産業務でChatGPTを利用することができます。

本記事ではエステートテクノロジーズの提供するAPIサービスについて詳しく解説します。

ChatGPTとは?

ChatGPTはOpenAIによって開発された言語モデルです。

与えられたテキストデータ(プロンプト)に基づいて新しいテキストを生成することができます。

ChatGPTは、大量のテキストデータを元に学習したAIです。

ChatGPTの核となる技術は「トランスフォーマー」と呼ばれるニューラルネットワークのアーキテクチャです。トランスフォーマーはGoogleが2017年に発表した言語モデルで、単語間の関係性や文脈をより正確に理解することができます。

また、ChatGPTは、様々な用途で利用されています。

  • メールの作成
  • 提案書の作成
  • 物件掲載文の作成
  • 業務マニュアルの作成
  • ドキュメントを元にしたFAQの作成
  • 文章の要約
  • 企画リサーチ・競合リサーチ補助
  • クロスレビューの実施
  • コードのバグチェック
  • SEO記事のタイトル・見出し作成

そのため、不動産業界でもChatGPTを利用することができます。

標準機能のChatGPTで賃貸探しをすることはできない

冒頭でも解説しましたが、標準のChatGPTには2021年9月までの情報しかないので、賃貸のお部屋探しなどの不動産業務に利用することができません。

ChatGPTにも「ChatCPTで賃貸物件を探すことはできる?」と質問をしてみました。

回答は以下の通りです。

私の設定では、インターネットをブラウジングすることはできないため、現在利用可能な賃貸物件を直接検索することはできません。また、私の知識は2021年9月時点での情報までとなっています。

ただし、賃貸物件を探す際の一般的なアドバイスや、何を考慮するべきか、どのようなステップで探すと効率がいいかなどのガイダンスは提供できます。賃貸市場の一般的な動きや、どのような質問を不動産業者にすべきかなどについても情報を提供できるかと思います。
もし具体的なニーズや質問があれば、どうぞお知らせください。

あわせて、「最新の情報を利用してChatGPTで賃貸探しをするためにはどうしたらいいですか?」とも質問してみました。

回答結果は以下の通りです。

残念ながら、私(ChatGPT)はインターネットを検索する能力がなく、またリアルタイムのデータベースにアクセスすることもできません。
したがって、直接的な賃貸物件の検索には利用できません。
しかし、賃貸探しに関する一般的なアドバイスや、どういった点に注意するべきか、または賃貸契約において確認すべき事項などについてはご案内できます。

もしこのような情報が役立つ場合は、賃貸物件に何を求めるのか(例:立地、家賃、間取りなど)や、何について具体的に知りたいのかを教えていただければ、その方向で具体的なアドバイスやガイダンスを提供できます。

賃貸物件の最新情報については、信頼性のある不動産ウェブサイト、アプリ、または地元の不動産エージェントを利用するのが最も確実です。オンラインプラットフォームではフィルタリング機能を使って、自分の希望に合った物件を簡単に探すことができますし、不動産エージェントならば、プロフェッショナルな視点から最適な物件を提案してもらえます。

やはり、ChatGPTを拡張せずに利用する場合は、賃貸探しが難しいようです。

そのため、不動産業務効率化で賃貸探しにChatGPTを利用することは難しいと言えます。

しかし、エステートテクノロジーズの提供するAPIサービスを利用すれば賃貸不動産業務も効率化できます。このあと、具体的なサービス内容について解説します。

ChatGPTを賃貸探しで利用するならエステートテクノロジーズへ

ChatGPTを不動産業務の賃貸探しで利用したいなら、エステートテクノロジーズの提供するAPIサービスの利用を検討してみてください。

最新の物件情報を元に、最適な賃貸物件のレコメンドや物件掲載文の作成、営業メールの作成などが可能です。

不動産業務を効率化したいとお考えの方や興味のある方は「お問い合わせ」からエステートテクノロジーズへご相談ください。
「ChatGPTを活用した媒介獲得支援コンテンツ作成サービス」へのお問い合わせ・利用申し込みはこちらから

ChatGPTに賃貸探しのコツを聞いてみた

ChatGPTで賃貸探しをすることはできませんが、賃貸探しのコツは教えてくれるようです。

ChatGPTに賃貸探しのコツを聞いてみました。回答は以下の通りです。

賃貸物件を探す際には多くの要素が影響するため、自分の優先順位やニーズに合わせて計画的に進めることが重要です。以下にいくつかのコツを挙げてみましょう。

予算を明確にする
物件探しの最初のステップとして、どれだけの家賃を払えるのか、初期費用はどれくらいかかるのかをしっかりと把握しておくことが大事です。この予算設定が後の選択肢を大いに影響します。

場所と交通機関を考慮する
職場や学校、日常生活で重要な施設(例えば、スーパーマーケットや病院)までの距離やアクセスを考慮して、物件の場所を選ぶことが重要です。

間取りと設備をチェックする
自分の生活スタイルに合った間取りや設備があるかどうかを確認してください。例えば、自炊をよくする場合はキッチンの設備が重要になります。

インターネットで下調べをする
多くの賃貸情報はオンラインで掲載されています。事前にウェブサイトやアプリで物件情報をチェックし、気になる物件をリストアップしておくと効率よく探すことができます。

実際に物件を訪れる
写真や説明だけでなく、実際に物件を訪れて確認することが重要です。内見の際は、日当たり、防音性、周辺環境などもしっかりとチェックしましょう。

契約条件をよく読む
賃貸契約には多くの条件があります。敷金、礼金、更新料など、費用面だけでなく、ペットの飼育やリノベーションが可能かどうかなど、細かな条件も確認してください。

不動産業者とのコミュニケーション
良い物件を見つけるためには、不動産業者としっかりとコミュニケーションを取ることも重要です。自分のニーズや希望をしっかりと伝え、質問や疑問はすぐに解消するようにしましょう。

以上のポイントを考慮しながら物件探しを進めれば、自分に合った賃貸物件を見つける可能性が高まります。

ChatGPTを利用する時の注意点

不動産営業の業務効率化を目的としてChatGPTを利用する際には以下の点に注意しましょう。

  • プライバシーに注意する
  • セキュリティに気を付ける
  • 情報が正しいかファクトチェックを行う
  • バイアスに注意する

プライバシーに注意する

不動産営業の業務では、顧客の個人情報のやり取りがあります。

ChatGPTに限ったことではないですが、プライバシーに注意するようにしてください。

特に、顧客からどのような情報を収集するのか、それをどう利用するのかを明確にして適切に同意を取るようにしましょう。

セキュリティに気を付ける

セキュリティもまた、プライバシーと並んで非常に重要な課題です。

個人情報や財務データが外部からの攻撃によって不正アクセスや漏洩を防ぐため、アクセス制御やセキュリティソフトウェアの更新、定期的なセキュリティチェックを行いましょう。

情報が正しいかファクトチェックを行う

AIが提供する情報が正しいかファクトチェックを行うことも大切です。

ソースとなるデータの確認をするようにしましょう。

ChatGPTはソースとなるデータの情報が公開されていません。

「AIと会話ができるチャットサイト8選」でソースが公開されるAIチャットサイトを紹介しているので、興味のある方はご覧ください。

バイアスに注意する

AIも人間が持つバイアスを学習することがあります。

特に、訓練データが偏っている場合、そのバイアスがChatGPTに反映されることがあります。

ChatGPTは学習データの情報が公開されていないので、事前知識がない情報のアウトプットをChatGPTに依頼する場合は、公平な情報であるか確認するようにしてください。

ChatGPTをはじめとしたAPIデータ提供ならエステートテクノロジーズへご相談ください

ChatGPT活用ソリューション第一弾
ChatGPTを活用した媒介獲得支援コンテンツ作成サービス」登場!

不動産業務に特化したChatGPTを活用した新ソリューション!

AIビッグデータ解析に強みを持つエステートテクノロジーズが保有する大量の不動産データに基づいた豊富なマーケティング文章を、営業がダウンロードし自由に編集が可能です。
さらに、貴社データも利用することで自社独自の文書生成ができます。

これまで、他社との差別化に悩む物件掲載文の作成やご提案メールの文章作成などのためにかかっていた時間などが大幅に削減できます。

【導入により期待できる効果】

  1. 弊社保有の豊富なデータと自然言語処理技術を活かし、質の高いコンテンツを量産
  2. 貴社データと連携すれば、貴社の特長を活かしたコンテンツも作成可能
  3. 文書作成ルールを設定することで、コンプライアンスに配慮した文書作成もできるため安心
  4. 売主向けの査定書コンテンツ、買主向けの広告掲載分、売主・買主の追客DMなどに活用でき媒介獲得を増やすことができます

「ChatGPTを活用した媒介獲得支援コンテンツ作成サービス」へのお問い合わせ・利用申し込みはこちらから

※サービスページはただいま作成中です。詳細はお気軽にお問い合わせください。

デモ版を実際にご覧いただける無料相談会予約受付中

「ChatGPTを活用した媒介獲得支援コンテンツ作成サービス」のデモ版を実際にご覧いただけるオンライン説明会を開催します。

■開催日時  下記リンク先から日時をお選びください
■開催方法  ZOOM 
ご予約はこちらをクリックしてください

ChatGPTを賃貸探しで利用する方法まとめ

本記事ではChatGPTを賃貸探しで利用することはできるかについて焦点を当てて開発しました。

標準のChatGPTには2021年9月までの情報しかないので、賃貸のお部屋探しに利用することができません。

リアルタイムの物件情報をChatGPTに学習させたいのであれば、エステートテクノロジーズへご相談ください。

「ChatGPTを活用した媒介獲得支援コンテンツ作成サービス」へのお問い合わせ・利用申し込みはこちらから

エステートテクノロジーズは
日本有数のベンチャーキャピタルから出資を受けて運営されています

  • ITOCHU TECHNOLOGY VENTURES
  • global brain
  • みずほキャピタル