一覧へ戻る
サービス
2023/09/05

ChatGPTを不動産営業で利用することはできる?

「ChatGPTを不動産営業で利用することはできる?」と疑問に感じている人もいるでしょう。

ChatGPTはOpenAIによって開発された言語モデルで、不動産営業にも利用することができます。

本記事ではChatGPTの基本知識から、ChatGPTを不動産営業で活用する方法、ChatGPTで不動産営業スクリプトを作成する方法、ChatGPTを利用する時の注意点について解説します。

ChatGPTとは?

ChatGPTはOpenAIによって開発された言語モデルです。

与えられたテキストデータ(プロンプト)に基づいて新しいテキストを生成することができます。

ChatGPTは、大量のテキストデータを元に学習したAIです。

ChatGPTの核となる技術は「トランスフォーマー」と呼ばれるニューラルネットワークのアーキテクチャです。トランスフォーマーはGoogleが2017年に発表した言語モデルで、単語間の関係性や文脈をより正確に理解することができます。

また、ChatGPTは、様々な用途で利用されています。

  • メールの作成
  • 提案書の作成
  • 物件掲載文の作成
  • 業務マニュアルの作成
  • ドキュメントを元にしたFAQの作成
  • 文章の要約
  • 企画リサーチ・競合リサーチ補助
  • クロスレビューの実施
  • コードのバグチェック
  • SEO記事のタイトル・見出し作成

そのため、不動産業界でもChatGPTを利用することができます。

ここからは、ChatGPTで不動産の物件探しをする方法について解説します。

ChatGPTを不動産営業で活用する方法

ChatGPTを不動産営業で活用する方法についてChatGPTに質問してみました。

ChatGPTの回答は以下の通りです。

ChatGPTは不動産営業において多くの面で活用することができます。以下はいくつかの具体的な方法です:

顧客対応
FAQ回答: ChatGPTをWebサイトに組み込むことで、訪問者のよくある質問に自動で答えることができます。
対話形式の案内: 物件の特長や条件を疑問形で尋ねることで、よりパーソナライズされた提案をすることができます。

データ解析
市場調査: 自然言語処理を用いて市場の動向や競合他社の戦略を解析。
顧客の感情分析: 顧客からのフィードバックやレビューを自動的に解析し、改善点や強みを明らかにする。

営業支援
営業スクリプト: 新人営業員向けに状況別の営業スクリプトを生成。
Eメールテンプレート: 複数の顧客に一斉送信する際のEメールテンプレートを作成。

ドキュメント作成
物件説明文: 物件の特長や周辺環境などを魅力的に伝える文章を生成。
契約書や提案書: 基本的な契約書や提案書のテンプレートを生成し、少量のカスタマイズで使用することができます。

研修とトレーニング
疑似顧客との対話: 疑似顧客として営業スキルをトレーニング。特定のシナリオや質問に対する最適な回答を教える。

SNSやブログ
コンテンツ生成: 不動産に関する有益な記事やFAQ、市場解析を短時間で作成し、SNSやブログで共有。

注意点としては、法的な文書や契約書に関しては専門家のチェックが必要です。また、顧客データを扱う場合はプライバシーとセキュリティに十分注意する必要があります。

以上のように、ChatGPTは多岐にわたるタスクで不動産営業の効率化と品質向上に貢献することができます。

ChatGPTが回答した通り、不動産営業では顧客対応や営業スクリプトの作成などにChatGPTを利用できます。

ここからは、営業の品質を左右するトークスクリプトの作成方法について解説します。

不動産営業トークスクリプトをChatGPTで作成する方法

不動産営業トークスクリプトを作成すると、新人不動産営業の教育や営業の品質担保の効果があります。

不動産営業トークスクリプトをChatGPTに作成してもらうために、必要な情報をプロンプトとして作成しましょう。

ChatGPTに「不動産営業トークスクリプトをChatGPTで作成するためには、どのような情報をプロンプトに入力すれば良いですか?」と質問しました。

以下、ChatGPTの回答です。

​​不動産営業トークスクリプトを作成する際には、具体的なシナリオや目的、対象顧客層などの情報をプロンプトとして入力することが有用です。以下はいくつかの例です。

基本情報
対象となる顧客の属性(例:初めての家を買う人、投資用不動産を探している人など)
営業トークの目的(例:物件の紹介、購入のクロージング、フォローアップなど)

シナリオ例
「初めて家を買う若いカップルに対して、住宅ローンの利点を説明するトークスクリプトが欲しい」
「中古マンションを投資目的で考えている顧客に対するROI(投資収益率)の説明スクリプトを作成してください」
「新築一戸建てのオープンハウスイベントで、来場者に物件を紹介するスクリプトが必要です」

具体的なプロンプト例
「初対面の顧客に自社とサービスを紹介する不動産営業スクリプトを作成してください。」
「顧客が物件購入を迷っている場合に、購入を促すための不動産営業トークスクリプトを教えてください。」
「物件が売れない場合に、値下げオプションを提案する営業トークスクリプトを作成してください。」

これらのプロンプトを用いて、ChatGPTは目的に応じたトークスクリプトを生成することができます。
ただし、生成されたスクリプトはガイドラインとして使用し、必要に応じて独自の調整やカスタマイズを行ってください。
また、法的な観点や業界のベストプラクティスにも配慮が必要です。

ChatGPTは基本情報やシナリオ例、具体的なプロンプト例を提示することでトークスクリプトを作成してくれます。

自社に必要な営業スクリプトを作成してみてください。

ChatGPTが作成した初対面の顧客に自社とサービスを紹介する不動産営業スクリプト

ChatGPTに「初対面の顧客に自社とサービスを紹介する不動産営業スクリプト」を作成してもらいました。

出力結果は以下の通りです。

顧客:(店舗に入る)

営業担当者:いらっしゃいませ、ありがとうございます。初めまして、[自社名]の[あなたの名前]と申します。何かお手伝いできることはございますか?

顧客:はじめまして、家を探しているんですが…

営業担当者:家をお探しですね、承知しました。それではまず、[自社名]について簡単にご説明させていただきますね。私たちは[設立年]年に設立され、[地域名]を中心に不動産の購入、売却、賃貸など、様々な不動産サービスを提供しています。

顧客:なるほど。

営業担当者:私たちの強みは、地域に強いネットワークと専門知識を持っていることです。特に[特定のサービスや強み]には自信を持っています。それでは、お客様が何をお求めなのか、少し詳しくお聞かせいただけますでしょうか?

顧客:(顧客が要望を話す)

営業担当者:[顧客の要望に合わせて話を進める。]具体的な物件やプランについては、さまざまなオプションをご用意しておりますので、一緒に最適な選択肢を見つけていきましょう。

初対面の顧客に対して自社とそのサービスを紹介するトークスクリプトが作成されましたね。

今回の場合は対面のトークスクリプトですが、メールやWeb会議で利用するトークスクリプトも作成することができます。

ChatGPTが作成した顧客が物件購入を迷っている場合に、購入を促すための不動産営業トークスクリプト

ChatGPTに「初対面の顧客に自社とサービスを紹介する不動産営業スクリプト」を作成してもらいました。

出力結果は以下の通りです。

顧客:この物件はいいなと思うんですが、なかなか決断がつかないんですよ。

営業担当者:それは自然な気持ちですよ。物件購入は一生に一度か二度の大きな決断ですから、慎重になるのは当然です。

顧客:そうなんですよ、だから迷ってしまって。

営業担当者:もちろん、無理な決断を促すつもりはありませんが、この物件にはいくつか非常に魅力的なポイントがあります。例えば、[具体的なメリットや特長を挙げる]。これらは他の物件ではなかなか見られない特長です。

顧客:確かにその点は魅力的ですね。

営業担当者:また、今が購入するうえで特に良いタイミングである点もご検討いただきたいです。現在、[市場の状況や特別なプロモーション等]が進行中で、後々このような条件で購入できるチャンスは減る可能性もあります。

顧客:そうなんですね。

営業担当者:もちろん、最終的な決断はお客様がすることですが、私たちとしても全力でサポートさせていただきます。購入後のアフターケアにも力を入れており、[具体的なアフターケアの内容]を提供しています。

顧客:それは心強いです。

営業担当者:購入を迷っているということは、基本的にこの物件に興味を持っていただいている証拠です。何か特別な懸念点や質問があれば、どんどん聞いてください。一緒に解決策を見つけていければと思います。

ChatGPTを利用する時の注意点

不動産営業の業務効率化を目的としてChatGPTを利用する際には以下の点に注意しましょう。

  • プライバシーに注意する
  • セキュリティに気を付ける
  • 情報が正しいかファクトチェックを行う
  • バイアスに注意する

プライバシーに注意する

不動産営業の業務では、顧客の個人情報のやり取りがあります。

ChatGPTに限ったことではないですが、プライバシーに注意するようにしてください。

特に、顧客からどのような情報を収集するのか、それをどう利用するのかを明確にして適切に同意を取るようにしましょう。

セキュリティに気を付ける

セキュリティもまた、プライバシーと並んで非常に重要な課題です。

個人情報や財務データが外部からの攻撃によって不正アクセスや漏洩を防ぐため、アクセス制御やセキュリティソフトウェアの更新、定期的なセキュリティチェックを行いましょう。

情報が正しいかファクトチェックを行う

AIが提供する情報が正しいかファクトチェックを行うことも大切です。

ソースとなるデータの確認をするようにしましょう。

ChatGPTはソースとなるデータの情報が公開されていません。

「AIと会話ができるチャットサイト8選」でソースが公開されるAIチャットサイトを紹介しているので、興味のある方はご覧ください。

バイアスに注意する

AIも人間が持つバイアスを学習することがあります。

特に、訓練データが偏っている場合、そのバイアスがChatGPTに反映されることがあります。

ChatGPTは学習データの情報が公開されていないので、事前知識がない情報のアウトプットをChatGPTに依頼する場合は、公平な情報であるか確認するようにしてください。

ChatGPTをはじめとしたAPIデータ提供ならエステートテクノロジーズへご相談ください

ChatGPT活用ソリューション第一弾
ChatGPTを活用した媒介獲得支援コンテンツ作成サービス」登場!

不動産業務に特化したChatGPTを活用した新ソリューション!

AIビッグデータ解析に強みを持つエステートテクノロジーズが保有する大量の不動産データに基づいた豊富なマーケティング文章を、営業がダウンロードし自由に編集が可能です。
さらに、貴社データも利用することで自社独自の文書生成ができます。

これまで、他社との差別化に悩む物件掲載文の作成やご提案メールの文章作成などのためにかかっていた時間などが大幅に削減できます。

【導入により期待できる効果】

  1. 弊社保有の豊富なデータと自然言語処理技術を活かし、質の高いコンテンツを量産
  2. 貴社データと連携すれば、貴社の特長を活かしたコンテンツも作成可能
  3. 文書作成ルールを設定することで、コンプライアンスに配慮した文書作成もできるため安心
  4. 売主向けの査定書コンテンツ、買主向けの広告掲載分、売主・買主の追客DMなどに活用でき媒介獲得を増やすことができます

「ChatGPTを活用した媒介獲得支援コンテンツ作成サービス」へのお問い合わせ・利用申し込みはこちらから

※サービスページはただいま作成中です。詳細はお気軽にお問い合わせください。

デモ版を実際にご覧いただける無料相談会予約受付中

「ChatGPTを活用した媒介獲得支援コンテンツ作成サービス」のデモ版を実際にご覧いただける無料相談会を開催しております。

■開催日時  下記リンク先から日時をお選びください
■開催方法  ZOOM 
ご予約はこちらをクリックしてください

ChatGPTを不動産営業で利用する方法まとめ

本記事ではChatGPTの基本知識から、ChatGPTを不動産営業で活用する方法、ChatGPTで不動産営業スクリプトを作成する方法、ChatGPTを利用する時の注意点について解説しました。

ChatGPTは非常に便利ですが、プライバシーやセキュリティに注意する必要があります。また、ファクトチェックも必ず行うようにしてください。

「AIと会話ができるチャットサイト8選」でソースが公開されるAIチャットサイトを紹介しているので、興味のある方はご覧ください。

エステートテクノロジーズは
日本有数のベンチャーキャピタルから出資を受けて運営されています

  • ITOCHU TECHNOLOGY VENTURES
  • global brain
  • みずほキャピタル