一覧へ戻る
サービス
2023/07/05

不動産査定システムとは?おすすめツールも紹介

不動産査定システムとは、不動産の推定価格を評価するためのシステムのことです。

近年では、AIを活用した査定システムも登場しており、業務効率化や統合的なデータ分析が可能になるなどのメリットがあります。

本記事では不動産査定システムの基本知識から、不動産査定システムを利用するメリット、不動産査定システムを利用するのがおすすめな人、おすすめの不動産査定システムについて解説します。

不動産査定システムとは?

不動産査定システムとは、不動産の価値を評価するためのシステムのことを指します。このシステムは、不動産会社、銀行、投資家などが不動産を売買や担保にする際に使用します。

具体的には、物件の立地、築年数、建物の状態、土地の広さ、周辺の不動産市場の動向など、多くの要素を基にして価値の算出を行います。不動産査定は専門的な知識を必要とするため、不動産鑑定士といった専門家が行うことが一般的です。

近年では、AIを活用した査定システムも登場しています。大量の不動産取引データを分析して、AIが査定価格を算出するというものです。

これらのシステムを使うことで、不動産の適正な推定価格を判断することが可能となり、売買時の価格設定や投資判断に役立たせることができます。

不動産査定システムを利用するメリット

不動産査定システムを利用するメリットは以下の通りです。

  • 客観的な評価ができる
  • 業務効率化ができる
  • 統合的なデータ分析ができる
  • 不動産売買の価格交渉の根拠となる
  • 長期的な投資戦略の策定ができる

それぞれについて解説します。

メリット①客観的な評価ができる

不動産査定システムは、物件の価格を客観的に評価する強力なツールとなります。

不動産査定システムは、物件の詳細情報、例えば築年数、建物の大きさ、立地条件、周辺の相場など多角的な観点から物件の推定価格を計算することができます。

これにより、売主や買主の主観的な見解や予測に左右されることなく、公正な評価が可能となります。

この結果、不動産取引における価格の透明性が高まるというメリットがあります。

メリット②業務効率化ができる

AIを活用した不動産査定システムは、多数の物件データを高速で分析し、即座に査定結果を出すことができます。

これは、個別の物件について手動で調査を行い、一つひとつ価格を計算するのに比べて、大幅な業務効率化を実現することができます。

また、即座に評価結果を得られるため、物件の選択や購入の意思決定をスピーディに進めることもできます。

メリット③統合的なデータ分析ができる

不動産査定システムは、大量のデータを迅速に処理することができます。

これは、市場全体の動向を把握し、特定の物件がどのような市場環境に位置するのかを詳細に分析することも可能ということです。

具体的には、近隣の物件価格、市場全体の価格動向、特定の地域や物件タイプの需給バランスなど、様々なデータを統合的に分析することができます。

メリット④不動産売買の価格交渉の根拠となる

不動産査定システムによって得られる査定価格は、不動産売買の価格交渉時に強力な根拠となります。

特に、不動産査定システムは物件購入者側が物件価格が市場価格と比較して適正かどうかを評価するための参考情報として利用することができるのはメリットだと言えるでしょう。

また、売主側は物件の価値を説明し、購入者に理解してもらうための根拠として利用することもできます。

このように、査定システムは取引の双方が納得できる価格を見つけるための有効なツールとなります。

メリット⑤長期的な投資戦略の策定ができる

不動産査定システムを使用することで、市場全体の動向や特定の物件の価格変動の傾向を把握することも可能です。

これにより、不動産の価格が上昇する可能性がある地域や物件タイプを見つけることができます。

また、市場の動向を分析することで、自身の投資戦略を調整したり、新たな投資機会を見つけたりするのに役立ちます。つまり、査定システムは長期的な投資戦略を策定する上で有用なツールとなります。

不動産査定システムを利用するのがおすすめな人

不動産査定システムを利用するのがおすすめな人は以下の通りです。

  • 不動産売買を考えている人
  • 不動産投資家
  • 不動産エージェントや仲介者

それぞれについて解説します。

不動産売買を考えている人

不動産を売却する予定の人は、自身の物件がどの程度の価値を持つのかを把握するために、不動産査定システムを利用することが推奨されます。

逆に、不動産を購入しようとしている人も、目当ての物件が適正な価格であるかを確認するために、査定システムを利用することもおすすめです。

不動産投資家

物件の価値や将来性を正確に評価できると、不動産投資家は大きな利益を狙うことができます。

そのため、不動産投資家は不動産査定システムを利用するのがおすすめだと言えるでしょう。

不動産投資家は、不動産査定システムを用いて、各物件の価値や市場価格の動向を分析し、精度の高い投資戦略を立てることができます。

不動産エージェントや仲介者

クライアントに対して最善のサービスを提供するために、不動産エージェントや仲介者が不動産査定システムを利用するのもおすすめです。

査定システムを利用することで、物件の適正価格を評価し、それに基づいてクライアントに適切な価格を提案することが可能となります。

仕入価格・再販価格を5秒で査定できるおすすめなAI不動産査定ツール

エステートテクノロジーズ株式会社では買取再販事業者様向けに仕入価格・再販価格を5秒で査定できるAI不動産査定ツールを提供しています。

「物件名」「平米数」「部屋番号」がわかれば、適正な仕入値・リノベ後の再販価格・想定利益を5秒で表示することができます。

また、査定エンジンの正確性は、MER(Median Error Rate)と呼ばれる「誤差率」で測られ、MERが低いほど正確です。エステートテクノロジーズ株式会社の提供しているリノベ再販AI査定サービスは、ビッグデータ解析研究の権威である東京大学大澤研究室と共同で開発を行い、業界最高水準の精度MER2.939を実現しています。(23区エリアにおいて)

エステートテクノロジーズのAI不動産査定ツールが選ばれる理由

査定エンジンの正確性は、MER(Median Error Rate)と呼ばれる「誤差率」で測られ、MERが低いほど正確です。

MER(Median Error Rate)とは、あるモデルやシステムの予測誤差を評価するための指標で、中央値(メディアン)を用いて算出されます。

MERは、誤差の大きさの中央値を示すため、モデルやシステムの予測性能を評価する上で役立ちます。特に、外れ値(非常に大きな誤差を生じるようなケース)の影響を緩和したい場合や、全体的な誤差の傾向を把握したい場合に有用です。

エステートテクノロジーズのAI不動産査定ツールは、ビッグデータ解析研究の権威である東京大学大澤研究室と共同で開発を行い、業界最高水準の精度MER2.939(23区エリアにおいて)を実現しています。

そのため、精度の高い不動産査定ツールを利用したい人にエステートテクノロジーズのAI不動産査定ツールはおすすめです。

おすすめの不動産査定システムまとめ

本記事では不動産査定システムの基本知識から、不動産査定システムを利用するメリット、不動産査定システムを利用するのがおすすめな人、おすすめの不動産査定システムについて解説しました。

エステートテクノロジーズ株式会社では買取再販事業者様向けに仕入価格・再販価格を5秒で査定できるAI不動産査定ツールを提供しています。

無料で試すこともできるので、ぜひ一度リノベ再販AI査定サービスを試してみてくださいね。

エステートテクノロジーズは
日本有数のベンチャーキャピタルから出資を受けて運営されています

  • ITOCHU TECHNOLOGY VENTURES
  • global brain
  • みずほキャピタル