一覧へ戻る
コラム
2023/06/26

不動産の買取再販とは?利益率はどれくらい?

不動産の買取再販とは、不動産業者が不動産(一般的には住宅や土地)を直接買い取り(仕入)、その後、リフォームや修繕を施して価値を上げ、再度市場に出して売ることです。

本記事では不動産の買取再販の基本知識から、不動産の「買取再販」と「仲介」の違い、不動産の買取再販の利益率、不動産の買取再販の流れについて解説します。

不動産の買取再販とは

不動産の買取再販とは、不動産業者が不動産(一般的には住宅や土地)を直接買い取り、その後、リフォームや修繕を施して価値を上げ、再度市場に出して売ることを指します。不動産の買取再販は、収益を得るための一般的な不動産事業の戦略の一つです。

不動産の「買取再販」と「仲介」の違い

不動産の「買取再販」と「仲介」は、いずれも不動産業者が関与する取引方法ですが、その役割とリスクは大きく異なります。

不動産の「買取再販」は、不動産業者が直接不動産を買い取り、その後価値を上げるためにリフォームや修繕を施し、高価格で市場に再度売り出すという手法を指します。この手法は、不動産業者が所有権を取得し、物件の価値を高める活動を行った上で、再販売という形で利益を得ることを目指します。そのため、市場価格の変動やリフォーム・修繕の費用超過など、不動産の所有と管理に伴うリスクを業者自身が負う必要があります。

一方、「仲介」は、売り手と買い手をつなげる役割を果たします。仲介業者は不動産の所有権を取得せず、売り手から販売の依頼を受け、それを買い手に紹介します。そして取引が成立した場合、その成功報酬として仲介手数料を得ます。仲介の場合、不動産の所有や管理に伴うリスクは基本的にはなく、売買契約が成立するかどうかにより利益が決まります。

不動産の買取再販の利益率はどれくらい?

不動産の買取再販における利益率は、様々な要素によって大きく変動します。そのため、一概に数字を示すことは難しいですが、一般的には10%から30%程度の利益率を目指す場合が多いと言われています。

利益率は、不動産を買い取る際のコスト、リフォームや修繕にかかるコスト、再販時の価格、そしてその間に発生するさまざまな費用(税金、手数料、利子など)によって大きく変動します。したがって、購入価格をできるだけ安く抑え、リフォームや修繕費を適切に管理し、高価格で再販することが利益率を上げるための重要なポイントです。

さらに、不動産市場は地域や時期によって大きく変動します。不動産の価格は地域や物件の状態だけでなく、経済状況や利子率などのマクロな要素にも影響を受けるので、市場を適切に理解し、適切なタイミングで買い取りと再販を行うことも重要です。

これらすべての要素を考慮に入れ、リスクを適切に管理しながら不動産の買取再販を行うことが、利益率を最大化するための鍵となります。

あわせて読みたい
査定はAIにお任せ!「不動産価格査定エンジンAPI」で出来る事をご紹介。

不動産の買取再販の流れ

不動産の買取再販の流れは以下の4ステップです。

  • 買い取り・仕入
  • リフォーム
  • 販売
  • 売買成立

それぞれについて解説します。

①買い取り・仕入

不動産の買取再販は、不動産会社が売主から物件を直接買い取る(仕入れる)ことから始まります。

この際、不動産会社は物件の現状や価値、周辺地域の市場状況などを評価し、その結果に基づいた適正な買取価格を提案します。

売主がこの提案価格を受け入れることで、物件の売却が成立します。

②リフォーム・リノベーション

買い取った物件は、必要に応じてリフォームまたはリノベーションが行われます。

リフォーム・リノベーションは物件の価値を向上させるために行われます。

リフォームの内容は物件の状態や特性、市場の需要などによりますが、古い建物の場合には設備の更新や間取りの改善、外装の修繕などが行われることが多いです。

リノベーションは内装や壁を取り払い骨組み状態にし、間取りから新しく作り直します。これによってより魅力的かつ付加価値の高い物件変えることができます。

③販売

リフォームが完了した物件は、市場に出されます。不動産会社は自社のネットワークや各種不動産情報サイトなどを活用して物件を広く宣伝します。

④売買成立

購入希望者が現れ、その人が物件の購入を決定すれば、売買契約が結ばれます。購入希望者と不動産会社との間で価格や引き渡し日などの詳細を決定し、契約書が交わされます。

そして、契約が完了し、指定された引き渡し日に物件の所有権が購入者に移転します。

エステートテクノロジーズの不動産AI価格査定とは?

エステートテクノロジーズ社のAI価格査定サービスは、法人様向けの「不動産価格査定エンジンAPI」と個人向けの「Dr.Assetサービス」があります。

弊社のAI価格査定エンジンは、査定価格の精度が高く、市場の価格と非常に近い推定価格をAI査定出来きるのが特徴です。

また、価格査定のみならず、以下のようなデータも数秒で提示します。

<エステートテクノロジーズ保有データの一例>
・推定賃料
・(投資物件の場合)推定利回り
・周辺類似物件データ(価格、販売開始日、販売終了日など)
・周辺類似物件の設備情報分析データ
・エリア情報(治安や水害・地盤などのリスク情報など)

カスタマイズも柔軟に対応可能なため、貴社の保有データと組み合わせたセミオーダー開発や、自社システムとして開発しOEMとしての提供いただくこと可能です。

<これまでの活用実績の一例>
・顧客に向けた営業資料への活用(すでにお使いのシステムとのAPI連携も可能)
・売却リードの獲得に向けたHPやDMなどの販促ツールへの活用
・土地の仕入れ、買取再販の物件仕入れ時の営業支援ツールへの活用
・設備分析データを自社製品へAPI連携しサービス強化へ など

精度について

査定エンジンの正確性を測る指標には、MER(Median Error Rate)と呼ばれる「誤差率」があります。MERが低いほど精緻な数値を示しています。既存の価格査定サービスのMERはおおむね5〜20%とされ、推定価格と実際の取引価格にかなりの乖離があるケースや、分析しやすい不動産だけを分析して誤差が少ないようにみせているサービスも多く見受けられます。

当社のサービスは5000万件に及ぶ市場の幅広い物件を分析。ビックデータ解析研究の権威である東京大学大澤研究室と共同で開発を行い、業界最高水準の精度MER2.939を実現しました。業界最高レベルの精度が、企業の実務に貢献します。(※価格推定エンジンの精度評価には、MER(median error rate)= 誤差の中央値と呼ばれる値を用います。機械学習の分野において推定結果の正確さを示す一般的な指標です。)

エステートテクノロジーズ「不動産AI価格査定エンジン」の強み

  • 御社独自の不動産価格付けを考慮したAI価格査定が出来る
  • リアルタイムで市況を加味した中古マンションの価格査定が見ることが出来る
  • 業界最高水準の精度を誇る、当社の価格推定エンジン(MER.2.939 東京23区)を利用
  • 全国対応
  • リノベする場合、リノベしない場合のモード選択対応可能(1都3県)
  • 業務効率化、コスト削減が可能
  • 5秒でAI査定が出来る
  • データ量は、2023年時点で5000万件以上
  • 大手多数導入実績あり

まとめ

本記事では不動産の買取再販の基本知識から、不動産の「買取再販」と「仲介」の違い、不動産の買取再販の利益率、不動産の買取再販の流れ、不動産の買取再販で売却するメリット・デメリットについて解説しました。

エステートテクノロジーズ株式会社ではAI価格査定エンジンを無料で試すこともできるので、ぜひ一度試してみてくださいね。

▼こちらもおすすめです▼

「データ活用コンサルティング」で戦略的なデータ活用を実現

エステートテクノロジーズでは、「どのようなデータ活用の可能性があるのか?」「宝の持ち腐れになっているデータ資産をどうすべきか?」「データをどのような資産へ変えていけるか」といったご相談から、コンサルタントとデータアナリストが丁寧にヒアリングを行い伴走します。

やりたいことは決まっているけれど、誰に何を相談すればいいかわからない・・・

という方は是非一度、エステートテクノロジーズの「データ活用コンサルティング」にご相談ください。

詳細はこちら▶︎データ活用コンサルティング

エステートテクノロジーズは
日本有数のベンチャーキャピタルから出資を受けて運営されています

  • ITOCHU TECHNOLOGY VENTURES
  • global brain
  • みずほキャピタル