サービス

不動産業界のDX事例5選!DXを成功させるためのポイントとは?

不動産業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)は、テクノロジーを活用して不動産業界の運営やサービスを効率化、改善する取り組みのことです。

本記事では不動産業界のDX事例の紹介と、不動産業界でDXを成功させるポイントについて解説します。

▼こちらもおすすめです▼

不動産業界におけるDXとは?

不動産業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)は、テクノロジーを活用して不動産業界の運営やサービスを効率化、改善する取り組みです。DXを推進するにあたっては、様々なデジタルツールやソフトウェアが用いられています。

不動産業界のDXでできるようになることの具体例は以下のとおりです。

DX推進の例メリット
インターネットでの物件検索・予約どこからでも物件情報を探せるようになる
バーチャルでの物件見学実際に行かずとも物件を内覧できる
AIを使った市場の分析物件の適正な価格がわかる
電子契約の導入契約の手続きが簡単・早くなる
顧客情報のデジタル管理顧客情報を効率的に管理・活用できる
チャットボットでの顧客対応いつでも気軽に質問・相談ができる
デジタルマーケティングの活用効果的な広告で新規顧客を獲得できる

デジタル技術を導入してDXを推進することで、不動産業界の働き方を変革し、顧客体験を向上させることが可能となります。

不動産業界でDX推進が重要視される理由

不動産業界でDX推進が重要視される理由は以下の通りです。

  • アナログ作業が多い業界である
  • 長時間労働による人材不足
  • 顧客ニーズが多様化している

それぞれについて解説します。

アナログ作業が多い業界である

不動産業界はアナログ作業が多い業界のため、DXを推進した時に業務効率化が期待できます。

アナログ作業の具体例

  • 物件情報を紙ベースで記録
  • 印刷された物件広告やパンフレットを配布
  • 対面での顧客対応
  • 契約書や文書の作成
  • 物理鍵の管理と配布
  • 紙ベースの顧客情報や取引記録の管理
  • 物件の調査と評価
  • 紙の地図や図面の作成
  • 現地での物件見学
  • 電話や郵送によるコミュニケーション

不動産業界では、物件情報の収集や顧客データの管理、契約プロセスなどが紙ベースで行われることが多く「作業効率が低い」「ヒューマンエラーのリスクが高い」などの課題があります。

DXを推進することで、これらの作業をデジタル化し、データをリアルタイム共有や自動更新が可能になります。

作業効率の向上や時間とコストの節約につながるだけでなく、顧客サービスの質の向上も期待できます。また、市場動向や顧客の好みなどの分析が容易になり、よりパーソナライズされたサービス提供が可能になります。

長時間労働による人材不足

不動産業界は長時間労働が常態化しており、人手不足が叫ばれています。

不動産業界ではルーチンワークや細かい事務作業が主なタスクとなりますが、この定常業務により従業員の負担は増加傾向にあります。

DXを進めることで、これらの作業を効率化し、自動化することができます。

例えば、顧客管理システムの導入やAIを活用したデータ分析、電子契約システムの利用などにより、従業員の作業時間を大幅に減少させることができます。

定常業務の時間を削減することで、従業員はより本質的な業務に集中することができます。結果として仕事の満足度が向上し、人材の定着化も期待できます。

顧客ニーズが多様化している

不動産業界に限ったことではないですが、顧客のニーズが多様化していることもDX推進が必要な理由の一つです。

デジタル化やDX化を推進することにより、顧客の趣味嗜好や行動パターンを収集・分析し、パーソナライズされたサービスを提供することが可能になります。

また、SNSやデジタルマーケティングを活用することで、今までアプローチできていなかった層にアプローチし、新たな市場を開拓することもできます。

▼こちらもおすすめです▼

不動産業界のDX事例5選

不動産業界では、定型的な作業の多さからデジタルトランスフォーメーション(DX)の導入が進んでいます。以下に、DXに成功した事例を5つ紹介し、それぞれの業務効率化や顧客体験の向上の具体例を解説します。

事例1:基幹システムの改善による業務効率化

ある大手不動産デベロッパーでは、契約書類や請求書などの書類処理をデジタル化し、業務の35%を削減しました。

決済システムと会計システムを統合し、ERPをクラウド化することで、業務効率が向上しました。また、ペーパーレス化やリモートワークの推進も実現しました。

事例2:アプリ開発によるイベント管理の効率化

住宅展示場などのイベント管理において、来場者管理アプリの導入で来場者の予約手続きや集計が効率化されました。

ポータルサイトへの物件情報出稿やCRMシステムの導入により、テレワーク実施率が向上しました。

事例3:デジタル化によるDX銘柄選定

不動産取引におけるデジタル化が評価され、特定の企業が2年連続でDX銘柄に選定されました。

3D内見や完全非接触型の不動産取引、顧客とのデジタルコミュニケーションなど、多様なデジタルサービスが導入されています。

事例4:LINEを使った非対面モデルルーム見学

不動産会社がLINEを活用し、顧客の物件条件に合わせた提案やモデルルームの予約を自動化しました。自由見学が可能になり、顧客の利便性が向上しています。

事例5:バーチャル展示場の導入による契約数の増加

バーチャル展示場の導入により、自宅からの展示場見学が可能になり、契約数が大幅に増加しました。さらに、対面での展示場運営にかかるコストの削減も実現しています。

これらの事例は、不動産業界でDXを進める際の参考となります。技術やノウハウが必要な場合は、専門のWeb制作会社やシステム開発会社に相談することも効果的です。

不動産業界でDXを成功させるコツ

不動産業界でDXを成功させるコツは以下の通りです。

  • DX推進を行う目的を明確にする
  • デジタル技術へ投資する予算をきちんと設ける
  • 従業員の研修を行う
  • 顧客体験の向上を目指す
  • データを蓄積するだけでなく分析する
  • 継続的に改善を続ける

それぞれについて解説します。

DX推進を行う目的を明確にする

不動産業界でのデジタルトランスフォーメーション(DX)を成功させるためには、まずDX推進の具体的な目的を明確にすることが大切です。

DX推進を行う目的は、業務効率の向上、顧客満足度の向上、新しい市場への進出、コスト削減など、会社ごとのビジネス戦略に沿ったものにしましょう。

目的を明確にすることで、どのデジタル技術を導入し、どのような成果を期待するかが決定し、全体の戦略とタスクが整理されます。また、目標を達成するためのKPI(重要業績評価指標)を設定し、進捗を測定する基準とすることも大切です。

以下にKPIの具体例をまとめました。

KPI説明
業務効率化率DXによって業務効率がどれだけ向上したか
顧客満足度DX導入後の顧客の満足度の変化
デジタル化率業務プロセスのデジタル化の進捗度
コスト削減率DXによるコスト削減の割合
売上増加率DX導入後の売上の増加率
データ活用度収集したデータをどれだけ活用しているか
システム稼働率システムの安定稼働率
新規顧客獲得率DXによる新規顧客の獲得割合
エラー減少率DX導入によるエラーの減少率
リモートワーク導入率リモートワークの導入割合とその効果

デジタル技術へ投資する予算をきちんと設ける

DXを成功させるためには、予算の確保も必要です。

デジタル技術の導入には初期投資がかかります。技術の選定、システムの構築、運用にかかるコストを事前に正しく見積もり、予算をきちんと設けるようにしてください。

また、予算は単に導入コストだけでなく、維持管理、アップデート、従業員研修などの長期的な運用コストも考慮に入れましょう。

従業員の研修を行う

DX推進を成功させるためには従業員の理解と協力が必要です。

新しいシステムの導入を成功させるために従業員への研修を行いましょう。

研修は技術的なスキルの向上だけでなく、デジタル変革の意義や新しい業務プロセスへの理解を深めるためにも必要です。

顧客体験の向上を目指す

DXの目的の一つは、顧客体験の向上です。

デジタル技術を活用して顧客のニーズに素早く効果的に応え、顧客満足度を高めることが重要です。

オンラインでのサービス提供、パーソナライズされた情報提供、顧客とのコミュニケーションの改善など、顧客中心のアプローチを取ることで、顧客ロイヤルティの向上と新規顧客の獲得が期待できます。

データを蓄積するだけでなく分析する

デジタル化により蓄積される大量のデータを活用することを意識しましょう。

データ収集だけでなく、その分析と活用により市場動向や顧客ニーズを把握することができます。

データ分析を正しく行うためにも、データサイエンティストの採用を検討してみてください。

継続的に改善を続ける

DXは単なるシステム導入プロジェクトではありません。

必要に応じて継続的に改善を続けるようにしましょう。

不動産業界のDX推進にお悩みであればエステートテクノロジーズへご相談ください

ここまで不動産のDX事例について解説しました。

DX推進が叫ばれている中で、生成AIやSaaSを導入しないといけないと考えている経営者やDX担当者の方も多いのではないでしょうか。

生成AIやSaaSは導入することで業務効率化が期待できますが、安易に導入するとかえって作業が増えてしまうこともあります。

エステートテクノロジーズでは、コンサルタントがデータ整理からDX推進のお手伝いを行います。データを活用して新規ビジネスを始めたいという方へのご支援も行っております。

必要に応じてシステム開発のご支援も可能となっておりますので、興味のある方はお問合せからご連絡ください。

お問い合わせはこちら

▼こちらもおすすめです▼

まとめ 

本記事では不動産業界のDX事例の紹介と、不動産業界でDXを成功させるポイントについて解説しました。

エステートテクノロジーズでは、AIコンサルタントがデータ整理からDX推進のお手伝いを行います。データを活用して新規ビジネスを始めたいという方へのご支援も行っております。

必要に応じてシステム開発のご支援も可能となっておりますので、興味のある方はお問合せからご連絡ください。

お問い合わせはこちら

▼こちらもおすすめです▼

エステートテクノロジーズは
日本有数のベンチャーキャピタルから出資を受けて運営されています

  • ITOCHU TECHNOLOGY VENTURES
  • global brain
  • みずほキャピタル